修羅場家の日常

当サイトは「修羅場家の日常」です。修羅場・復讐をメインに話題になっている2ch板をまとめております。その他にも嫌がらせ・キチ・嫁姑・トメ・コトメ・ウト・DQN返しなどを主に2ちゃんねるから新鮮な話を収集したまとめサイトです!毎日12記事~16記事の更新を目指しています!

▼ 本家Head Line ▼

黒歴史

【心の闇】好きな人が結婚した。私(呪ってやる!別れろ〜)→しばらくして、彼「久しぶりだね。(私)さんって心の綺麗な人だよな〜」私「!?」→数年後、ホムセンで彼の奥さんに会い…

364200bc130eed7f161310170cb654b3_s

389: 修羅場家の日常 2011/03/03(木) 09:19:36.51 ID:S4/qPOqL0

片思いの相手が私に気付かずに
私よりすごく若い子と付き合ってるって聞いた。
死ねばいいと思った。
呪いの儀式を行って別れるように祈った。
でも結婚した。



続くを読む

【黒歴史】高校時代、付き合ってた後輩が同じ大学・バイトに入ってきた。私(これって完全に自分を追ってきてるよな…)→もう封印したい過去なので…

69d7de1c8b1a451fcd04082157bf310e_s

763: 修羅場家の日常 2016/03/07(月)13:38:23 ID:T4m

何人かに相談してもいまいち伝わらない話ですが
自分にとっては夢の大学生活崩壊の危機です。
女子高校の背景がわからないと伝わらないのかなーという気がします。
えーなんかそういうのいいじゃん!とか、
可愛い!ってリアクションしかもらえないので。

前提として、自分は性的にノーマルなんですが、
高校の時は先生以外男子がいないという環境のせいで
ファッションレズ的な感じで後輩と付き合ってました。

男がいなすぎて別に本当のレズじゃなくても
女同士付き合うみたいな世界観があったんです。
そんなに特殊ではありませんでした。

一度何かのきっかけであこがれの先輩とかに認定されると
そこから同姓に無限にモテるようになります。
楽器がひけるとか、髪が綺麗とか、超くだらない理由です。

自分もラクロス部というだけで、
女には困らない(男は伝説の生き物でしたが)
状態になってしまいました。

それで自分も後輩の子と付き合ってましたが、
そういう世界に毒されていたので、
これが自分の青春なんだと思って
キスとかしたりプレゼントし合ったりと
カップル的なことをしておりました。



続くを読む

【黒歴史】20年以上前に亡くなった祖父は、たぶん完全犯罪者。「犯罪者の身内」になりたくなくて…

1eec6459278125d054f0ea25c0239d31_s

551: 修羅場家の日常 2016/03/07(月)02:06:35 ID:9RB

もう20年以上前に亡くなった祖父は、たぶん完全犯罪者。
私も私の家族も「犯罪者の身内」になりたくなくて
祖父を庇った。
おかげで何事もなく人生を過ごしてきた。
ごく平凡な毎日が、とてつもなくありがたい。
あの時祖父を自首させていたら
結婚することも出産することもなく
今頃孤独な生活をしていたんだろうな。
Kサツにうそのアリバイ証言をしたことは、まったく公開していない。
ただ、刑事ドラマを見るたびに
いつも犯人の立場で見てしまう。
相棒の右京さんが、もっかの「心の天敵」。



続くを読む

【クズ】同じサークルの美人ですました感じの先輩にストレートな下品メールを送信したw→俺(どんな反応するのかなぁ〜楽しみ〜♪)→翌日…

987ec5ade207ab3835519143f6a8603a_s

197: 修羅場家の日常 2012/06/20(水) 00:39:20.08 ID:IMIswlDz

大学入りたての頃に、
同じサークルの先輩(♀)に
キモメール(VIPとかで一時期流行ってたやつ)を送ってしまった。
それも、ストレートに下◯タ系の内容だった。



続くを読む

【黒歴史】彼から電話がきて、彼「ん~腹減ったぁ!あ~落ち込むわぁ!」私「夕飯一緒に食べる約束してたのに、会えないの?」彼「仕方ないなっ!うん!」→ガチャ切りされて…

624

440: 修羅場家の日常 2016/03/16(水)16:22:11 ID:o8g

友達のバイト先の同僚だった彼。
紹介されて付き合い始めた。

おしゃれでカッコイイし、
話題豊富でエスコートも上手い。
告白された時は天にも昇る気分だったし
デートも毎回楽しくて本当に100年の恋って感じだった。
ただ、段々コミュニケーションにおかしいところが見えてきた。

例えばある時デートで彼を待っていたら、
やってきた彼が突然宙に向かって
“あーー...耳に糸、とかね!”と。
そのまま踵を返し、すたすた歩いて行く彼。

いきなりのことで訳が分からず、
彼を追いかけながら“え??なに?糸?”と聞くも、
私を視界に入れないようそっぽを向きながら
“あ、アイス売ってる~!”とか“ん~いい天気!”と、
ひとりごと?をつぶやきながらどんどん歩く。

追いかけつつ
“もしかして耳になにかあるのか??”
とようやく気づいて、
鏡で確認して糸くずをとったら彼も普通のテンションに戻った。
けど、それまでのことについて私が問いかけてもスルー。



続くを読む
▼ 修羅場家Pick Up ▼
★本家修羅場家の日常★
★本家修羅場家の日常最新記事★
★本家修羅場家の日常★
★本家修羅場家厳選記事★
img01


img02


img03


img04


img05


img06


img07


img08


img09


img10
★本家修羅場家の日常最新記事★
  • ライブドアブログ
トップページへ戻る