0c54afed47cf81fdb1e95de9c6628c71_s

565: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 18:36:43

ありがとうございます。
トリついていますか?




◆現在の状況
昨日、嫁に離婚して欲しいと言われました。
その後実家に嫁が帰ってしまいました。

◆最終的にどうしたいか
離婚はしたくないです。
ずっと一緒にいたいです。

◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額も)
26歳 薬剤師 手取り25万です。

◆嫁の年齢・職業・年収(手取り額も)
24歳 パート  手取り10万です。

◆家賃・住宅ローンの状況
賃貸マンション 家賃は月6万です。

◆貯金額
まだそんなに溜まっていませんが100万あります。

◆借金額と借金の理由
ないです。

◆結婚年数
2年です。

◆親と同居かどうか
完全に別居です。

◆子供の人数・年齢・性別
いません。

◆相談者と嫁の離婚歴、あればその理由
どっちも初婚です。

◆離婚危機の原因の詳細
(長くなっても思い付くものを全て書いて下さい)
昨日、去年死産になってしまった子供の命日だったんですが、
突然嫁が
「子供を死なせてしまってごめんなさい、
あなたに辛い思いをさせてごめんなさい。
こうなったのは全部私のせいだから
離婚してあなたは自由になってください。」
と言いました。

その後は泣き出してしまって、
俺がどんなに宥めても駄目でした。
泣くのが一段落した嫁は
実家に帰って考えさせて欲しい、
と言って実家に帰ってしまいました。

でも、子供が死んでしまったのは俺のせいなんです。


571: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 18:39:21

>>565
子供が亡くなったのはひのきのせい
という理由を詳しく


574: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 18:44:24

子供が死んでしまった原因ですが、
嫁が妊娠5ヶ月の時に、俺の仕事が早く終わる日がありまして
二人で買い物に行く約束をしていたんです。

マンションの前に車で嫁を迎えに行って、
携帯で着いた事を知らせると
俺は車の中で嫁を待っていました。

だけど、その待っている時間が長すぎて
おかしいと思って携帯で電話しても
嫁が出なかったんです。

不安に思って見に行ったら、嫁が階段の踊り場で倒れていました。
慌てて駆け寄ったら、階段から落ちた、と嫁が言いました。

すぐに病院に連れて行ったんですが、
結局子供は死んでしまいました。

ずっと車の中で嫁を待っていた俺が悪かった。
着いたら俺がマンションの中まで入っていって
嫁を迎えに行けばこんな事が起らなかったんです。


578: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 18:48:28

階段から落ちたのは、誰のせいでもないのでは?

嫁さんは急に離婚と言い出したのか?


597: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 18:53:38

>>578 
でも俺がいれば防げたと思います。 
嫁は一年間あなたと一緒に居たけど罪悪感で一杯だと言っていました。


580: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 18:48:53

>>574
正直ひのきを責め立てるつもりはない

ひのきと嫁が互いを責め合っても、残酷な言い方すると子供は帰ってこない
ちゃんと供養して、かつ、
「俺のせい」って思うならそれを嫁に伝えよう

それか、嫁が自分を責める理由があるのかな?ひのきも知らない理由が


597: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 18:53:38

>>580
それは何度も嫁に言いました。
俺が一緒にいればこんな事にならなかったのにって謝っても
私が足を滑らせたのが悪いからって逆に謝られてしまうんです。
子供の供養はちゃんとしました。
親になる人間のせいで殺されてしまったようなものですから供養をしてあげることだけが
唯一の子供に対する謝罪の方法だと嫁と俺の間では一致しています。


599: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 18:54:55

>>597
エレベーター付いてなかったのか。


608: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 18:59:18

>>599
はい。階段だけなんです。


626: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:07:48

>>618
その階段があるマンションからは引っ越しているんだよな?


637: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:17:34

>>626
はい。


602: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 18:56:32

ひのきは他になにか心当たりはないんかな?
例えば義理親との確執とか、浮気とか。

あと前兆みたいなのもなかったんかな?
生活リズムや服装や下着が変わったとか。


618: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:03:51

>>602
特に無いです。 


593: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 18:51:42

不可抗力の事故でも、
親は本当に心底自分を責めるからな……
「あの時、ああすれば死ななかったに違いない、
なぜそうしなかったのか」ってね。


601: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 18:56:24

ひのきが自分のこと責めるから嫁が追い詰められるんだろ


607: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 18:59:10

周りの要因のことを考えなければふたりで追いつめ合って鬱スパイラルなだけだ。
しばらく実家でのんびりしてもらってその間にひのきだけでもまずカウンセリング受けたら?
今のままじゃ責めあって共倒れだ


618: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:03:51

>>607 
俺の態度が嫁を追い詰めている、ですか。 
全然気付きませんでした。 
もしかしたらそういう自分に酔っていた節があったのかもしれませんね。


624: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:07:14

>>618
追いつめてるんじゃない。互いに追いつめ合ってるだけ。
だからそうやって自分を責める方向にしか思考できないのがすでに病的なんだって。
あんたは一時的に病気になってるの。嫁さんもしかり。
まともな人ならそこまで自分を責めたりしないよ。まずはカウンセリングしかない。


600: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 18:56:00

お互いの意見は分かった。
一つだけ、両親はなんと言ってるかだけ教えてくれ。


608: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 18:59:18

>>600 
俺には今父しかいません。母は俺が高校生のときに死にました。 
で、父にこの話をしたらとても怒られました。 
「どうして妊娠している自分のかみさんを守ってやれないんだ」って言われて 
俺も全くの同意見です。何も反論する資格なんて無いんです。


622: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:06:05

>>608
分かった。
親とも問題がないなら、あとは二人の問題だな。

お前も辛いだろうし嫁さんも辛いだろう。
今二人が距離的に離れるのはまだわかるが、
離婚を決定するにはまだ早いと思う。
嫁さんの親は何と言っている?


628: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:08:22

ここは迎えに行った方がいいんじゃないだろうか。
「俺のために、一緒に居て欲しい」と頼む。
ただ、改善するためには二人ともカウンセリングが必要っぽいね・・・

あと自分たちで反省するのは仕方ないと思うが、
他人(親でも)にどうこう言われるのは間違ってると思うよ。


637: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:17:34

>>628 
迎えに行くべきなんですかね、やっぱり。 
義母からは嫁が帰ってからすぐに「あまり気にしないで」って電話で 
言われたんですが。 
嫁にはずっと一緒にいて欲しいです。何もかも失うのは嫌です。 
だけど俺の態度が原因で嫁は俺と一緒にいたくなくなったのかもしれない。 
カウンセリングの件も考えて見ます。


610: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:00:47

ひのきの文章の書き方とか内容見てても、
すごいしっかりしてるように見えるんだけどな。

子供のこともちゃんと供養もして話し合ってるみたいだし。
嫁さん思い悩みすぎて鬱になってしまったのかもしれんね。


618: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:03:51

>>610
そうですね、
確かにこの状態から抜け出さないといけないんですよね。 


611: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:00:48

むごい物言いかも知れないが
いつまでも終わった事をgdgdと
俺のせいアタシのせいって言ってる現状が
不健康だとは思わないのか?


614: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:02:05

こういう言い方は失礼だが、
次の子供が出来るまでgdgdは続くと思う。


605: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 18:58:40

嫁に「お前まで居なくならないでくれ」
って伝え続けるしかないんじゃないか


619: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:04:18

ひのきには
>>605しかないと思う。

ひのきのダメージも大きいだろうが
やっぱり嫁さんは体にもすごいダメージを負ったわけだから
心身ともにものすごい負担がかかっている。
それが命日がきっかけでまた鬱な気持ちが噴出するのは
仕方ないよ。

傷が完全に癒えることはないかもしれないが
それまではただひたすら慰めつつすがるしかないと思う。
こういうときは男がすがるのも、慰めになると思うんだがどうだろう。


638: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:17:59

夫婦そろって悲劇のヒロインごっこでもしていたのか?


640: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:20:32

>>638
そうですね、はっきり言ってしまえば
そうなのかもしれません。

いつまでもうじうじと死んだ子供の事を考えているのは
死んだ子供にとっても良くないというのは分かっているんです。

だけど、俺たちにとっては初めての子供で、とても楽しみで。
どうしても自分を責めざるをえないんです。


641: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:20:52

>>637
その自虐思考をまずやめろ
そしてカウンセリングを
考えてみるんじゃなくて実際に行け
有無を言わさず行け


645: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:25:20

ひのきやひのき嫁の悲しみや自責は
本人は辛いだろうが親なら誰もが持つだろう。

それを悲劇のヒロインごっごなんて言えるやつは
自己中冷血漢だよ。

ひのきたちは悲しみを我慢する必要はないよ。
悲しむ時は純粋に悲しまないと立ち直れない。
だが罪の意識からは開放されるべきだ。


656: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:55:02

皆さん、たくさんの意見ありがとうございます。

>>645

つい子供に申し訳ないとか
可哀相な事をしてしまったって思ってしまうんです。

でも、その考えから
俺たちは自分自身を解放するべきなんですね。  


647: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:33:13

嫁がひのきよりも一歩先に罪の意識から解放され、
冷静になって見つめることができるようになって、
この相手とは次のステップに進めないと判断したとか…


648: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:43:49

とにかくカウンセリングに行けよ。
亡くなった子供だって、潰れていく両親なんて喜ばないぞ。
事故なんだ。自分を責めるな。


656: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:55:02

>>648 
はい。俺だけでも
まずはカウンセリングに行ってみようと思います。 

ここで皆さんが嫁を迎えに行くように
言ってくれているのを参考にして 
明日嫁に会いに行ってきます。
その時カウンセリングの話もしてみます。  


662: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 20:00:07

>>656
嫁が「自分たちだけ楽になるのは子どもに悪い」
とか言っても絶対カウンセリング連れて行くんだぞ
話してみていやだった言われたから
そのまま帰ってきました・・・って報告はいらんぞ


649: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:44:23

結果的に現状別居状態になってるわけなんだから、
お互い一人になって考えてみたらどうかな?
二人いるときじゃ考えれなかったようなことも見えてくるかもしれないし。


656: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:55:02

>>649 
それは義母にも言われました。
確かにその通りですね。 


650: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:47:53

「早く仲直りして、あの子(亡くなった子)を
もう一度、迎えよう。」

はダメなのか?


657: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:57:38

>>650
すいません。俺たち自身、
そういう気にはなれないんです。
嫁はまた妊娠することも可能ですが、
すぐに次の子が出来てしまえば
死んだ子供の記憶は俺たちの間で
薄れてしまうのではないかと恐れています。


659: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 19:59:12

すまなんだ。
俺嫁が死産した時、嫁が自分で言ったもんだから・・・。
そうだな、人それぞれだもんな。


666: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 20:05:59

ひのきの顔を見ると、どうしても転落した時の事を思い出すから
一緒にいたくないとしたらどうなるんだろう?


668: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 20:08:44

>>666
嫁さんからしたら、
ひのきの顔見なきゃ忘れてられるってもんでもないだろうよ…


680: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 20:16:28

>>668
そんな意味で書いたのではないけど…
事故そのものを「忘れたい」と願って離れたいんじゃなくて
ひのきの顔、存在が
常に「子供の死」を思い出す起爆剤になっているというか。

うまくはいえんが
愛してる、誰が悪いとかと別に
嫁からするとひのきそのものの存在が辛いといえばいいのかな


670: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 20:09:07

もしこのまま別れたら、実質「子供のせい」になるんだよ・・・
その辺嫁はわかってるんだろうか。
亡くなった子供だって望んでいないよそんなこと。


677: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 20:15:16

嫁さんにしたら、子供を死なせたことだけじゃなく、
旦那が自責の念で落ち込んでることにも責任かんじてるんだろうな。
で、つぐなう方法を考えたら自分がいなくなるしかないと。
 
今の問題は死んだ子供じゃなくて、ひのき自身なんじゃない?


682: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 20:18:32

>>680
そんな事言ったら離婚しかないだろ?
どっちにしてもひのきとひのき嫁の心の問題だから
第三者が何を言ってもしょうがないな。


672: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 20:10:54

嫁のお母さんは、
嫁が離婚するって言残して家を出てきたことを知ってるんだよな?
事情を良く話して、
しばらく様子見てもらったらどうよ。
女親のほうが、色々話できるのかもしれないしな…
男にはどうもわかんないこともあるだろ?


697: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 20:25:46

>>672 
そうですね。俺は死んだ子供の父親ではあったけれど、
母親の立場の事は分からないですから、
義母の言うとおりにするのが一番いいと思っています。 
それでも明日会いに行って離婚したくない旨を嫁に伝えます。 


681: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 20:18:29

ひのきと一緒になってよかったと思えるようなこともあったはずだと思う。
ひのきの顔を見て子供のことしか思い出せないのは
一時のことだよ。子供のことを忘れるなんてことはできない。
それをどうやって乗り越えるかなんだよなあ。
ひのき、踏ん張りどころだ。


697: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 20:25:46

>>681
ありがとうございます。
どんな事があっても子供の事を完璧に忘れることは
無いと聞いてとても安心しました。


699: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 20:28:55

日にち薬という言葉もある。
子どものことをそんだけ大事に思ってたんだ。おまえも嫁も。
時間はかかると思うがゆっくりやれよ、ひのき。


701: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 20:30:19

二人目がきついならペット飼ってみるってのも良いぞ


726: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 20:40:55

居 な く な っ て 辛 い の は
二 人 の 赤 ち ゃ ん だ か ら だ ろ

二 人 が 居 た か ら こ そ
赤 ち ゃ ん だ っ て 出 来 た ん だ ろ


この先新しい命を宿したら赤ん坊2人分の愛情で育てりゃいいんだよ
それこそ供養だ



辛いだろうが夫婦二人で頑張ってくれ


735: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 20:59:21

>>726 
正直目から鱗です。そうなんですよね、全然気付かなかった。 
そういう方法の供養もあるんですね。


734: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 20:47:18

ひのき氏、

今は別居で仕方ないと思う。

亡くなった子供には、名前を付けてあげて、
一生忘れないと言うことに、したらどうだろう。

奥さんとやり直せて、次子が生まれても、
第一子が、いたんだと言うことにしたら、どうだろうか。


735: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 20:59:21

>>734
嫁が既に決めていた名前があったので
その名前で呼んでいました。
名前があるって言うことは、
この世に一度でも存在していたっていう証ですからね。
もし次の子が生まれてきたとしても、
死んだ子供の事を第一子だということにしたいです。


738: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 21:06:15

>>735
あんまり性急にコトを運ぶなよ。
俺も1子を亡くしたクチだが、
嫁と傷癒して2子ができるまで4年かかった。
ひのきの所もこの位かかるかもしれない。


747: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 21:54:58

うちも第一子を流産した。
嫁も俺もひどく落ち込んで、嫁は自分を責めまくって鬱で通院したよ。

完治まで6年近くかかった。
俺もつらかったが、嫁の姿を見てると嫁まで失いそうで、それも恐ろしかった。

何度も別れてくれ、もう子供を産むなんて考えられないと言われた。
俺の場合は、別れなかったのは俺のエゴかもしれない。
俺が嫁と一緒にいたい気持ちを押しつけたのかもしれない。

でも6年たって、まだ思い出せば涙ぐむけど
一緒にいてよかった、今度こそ子供を産みたい、
と言ってくれるようになったよ。

時間はかかるかもしれないが、ここで離れたらお互いにつらいだけだ。
二人にとっては苦しい出来事だが、
支え合って気持ちを分け合って生きていくのが夫婦だと俺は思う。

なんでもかんでも病院いけ、カウンセリング受けろとは言わんが
どこかで気持ちをはき出すことも必要だと思う。

って、思い出したら俺まで泣けてきた・・。


746: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 21:40:33

>ひのき

ひのきの嫁さんは、あまりに辛いのと子供に悪いので、
もうしばらく喪に服していたいんだと思う。
具体的には自分が幸せにならないこと、二人目を考えないこと、
罪悪感にまみれて生きること、ひのきと別れること。
最後のは、孤独になるという自罰の意味か、ひのきへの罰か、
一緒にいると辛いからか、それらが混じってるのかはわからん。
とにかく本人が立ち直る気がないのだから、別れるかどうかは別にして、
今すぐには喪に服してたい気持ちは変わらないと思う。
罪悪感にまみれるのが供養なんだよ。

時間が経てばましになる可能性は高いと思うが、嫁にとっては、
そのことさえも子供に悪いとおもってしまうんじゃなかろうか。


748: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 22:03:48

>>746
これはうちの嫁もよく言ってた。俺747ね。

自分だけがのうのうと生きていくのが許せない、
できるだけ自分に罰を与えたい、
子供と同じところにはいけなくても、生きている自分が許せない。
・・・から、希死念慮になった。
できるだけ苦しんで死にたい、ってずっと言ってたよ・・。

今も時々、自分は幸せなのに・・って頭を抱えてることもあるし
自分が死んだら向こうで抱きしめてあげたいと言っているが
忘れないで時々心の中で思い出すのも供養のうちだよ。

喪の期間は必要なことだから、焦らずに。


749: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 22:03:59

>>747
ひのきんとこもおまいら夫婦も、
幸せになれる。きっとなれるぞ。
忘れなくても幸せになれるんだ。


750: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 22:13:56

そうですね、俺も最初は子供が死んで耐えられなくなって酒を飲んで訳が
分からなくなってしまいたいと思ったこともあるけれど、俺は恥ずかしながら
アルコールには滅法弱いのでそういう風に逃げることも出来ずに自分を責めることで
何とか乗り切ってきました。

逆に考えれば、冷静さを保ててよかった、
と言うべきでしょうね。

>>747

大変でしたね。やっぱり時間が一番の薬なんですかね。
どうか幸せになってください。
さっきの人も俺と立場は同じだけど、俺は自分を傷つけて死のうとは思いませんでした。
そうしたらとても楽だって考えたことはあるけれど、死んだ子供に悪いからです。
でも、実行に移せない俺って冷たい人間なのかなって思ったことはあります。


751: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 22:15:21

ソレが普通だ。>死んだ子供に悪い。
死んだ子供の分まできちんと生きて
子供ができなかったことをしてやれ。


756: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 22:32:02

>>750
母性の方が、歴史が古いんだよ。
父性は、追加だよ。

ひのきの嫁の方が、はるかに、傷ついてるよ。

あんまり、甘く考えない方がいいよ。


762: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 22:37:41

>>750
嫁が俺よりも傷ついているのは理解しています。
俺とは違って、ずっと一緒に居たわけですから。
この問題がすぐに解決できるなんて甘く考えていません。
俺は今日はこれで落ちます。


764: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 22:39:27

>>ひのき
何て言ってやって良いのか分からんがガンガレ!!


767: 修羅場家の日常 2008/05/16(金) 22:42:44

ひのきの場合は誰が悪いわけでもないというところが
余計に問題をややこしくしているよな。
怒りや悲しみの矛先がそれぞれ自分に向かうしかないんだ。
なんて言ったらいいかわからんががんばれよ!


790: 修羅場家の日常 2008/05/17(土) 00:34:26

ひのきへ
死産流産した母親達が
気持ちを打ち明けあって寄り添い合うサイトがあるぞ。

家は数年前に臨月で嫁が死産したんだ。
泣き声をあげない息子を苦しんで産んだ嫁に付き添ったが、
あんなに泣いたことは今までにない。
同じ境遇の人たち同士で
気持ちを話し合う場所も必要なんだと思う。

家の嫁はそこで色んな人と話をしていた。
子供に何かあれば母親ってのはどうしたって自分を責めるもんだ。
何度でも話を聞いて、同じように悲しんで、気持ちに寄り添ってやってくれ。

頑張れとか、元気になれとかは言ってはいけない。
今嫁が生きている事が精一杯頑張っている証拠だから。


816: 修羅場家の日常 2008/05/17(土) 05:04:45

ひのき殿

私の姉に当たる人間は流産でした。
両親にとって流産がわだかまりとなって関係が壊れていれば、
当然現在の自分は存在しないことになります。

両親にとっては辛い思い出だと思います。
一人目が流産だったという事実以外の話を聞いたことはありません。
しかし現在では4人兄弟の大家族です。
両親が立ち直っていなければ、当然存在しない4人です。

しかるべきところに供養されており、
年に1~2度お参りに行きます。

流産となると結構悲惨な話が多く、
子供が産めない体になってしまう方、
母子ともに命を落とされる方などは沢山いらっしゃいますが、
あなた方は未来を創る能力を授かっています。
そのことの意味をよく考えてください。

新たに子供が生まれたとしたら、
成長して大人になった時に
その子供が何を思うかよく考えてください。
私自身は、
自分の命と明るい兄弟をくれた両親に感謝しています。

両親から聞いた話では、
長子はかけがえのない授かり物として
腫れ物を触るように育てたが
(○時間とか○グラムとか育児書にある情報を
正確に計って行動したらしい…)
私(末っ子です)の時は適当もいいとこで
育つなら勝手に育てという感じだったようです。

経験のない時点では、
何事も深刻に考えてしまうのは
しょうがないことかもしれません。
しかし、経験によって人の考えや感情は
かなり簡単に変わるということを知っておいてください。

人間は所詮は生き物ですから、
他の動物を同じように
死ぬときは死ぬし生きるときは生きるんです。
400万年そうやって栄えてきたんです。

失礼ですが、あなたごときが
原因を気に病んでどうこう考える
次元の問題ではないのではないかと思います。

以上、長ったらしくてすいませんでした。


872: 修羅場家の日常 2008/05/17(土) 11:13:15

おはようございます。
別の相談者の方がいるみたいなので報告だけします。
これから嫁の実家に行ってきます。
では、落ちます。


875: 修羅場家の日常 2008/05/17(土) 11:14:47

おおひのき!
いってら~



-------------------------


128: 修羅場家の日常 2008/05/17(土) 22:24:45

嫁の実家から帰ってきました。
今いいですか?


131: 修羅場家の日常 2008/05/17(土) 22:26:23

どうだった、ひのき。


133: 修羅場家の日常 2008/05/17(土) 22:29:43

皆さんありがとうございます。

最初玄関を開けてくれたのは嫁で、
俺を見ると何だか跋の悪そうな表情になって
俺もどうしていいかわからなかったんですが、
すぐに義母が家の中から出てきてくれて
「まあ、上がっていって。」と言ってくれたおかげで
実家に入ることは出来ました。

義母は最初、何の差しさわりの無い内容の話題を
俺にしてきたんですが、
「私はちょっと近所に用事があるから二人で話でもしていて。」
と言って外出してしまいました。

二人きりになって最初は
とても重い空気が俺たちを圧迫していて、
またどうしていいのか
分からなくなっていると、嫁が俺に一言ごめんなさい、
とだけ言ってきました。

俺も、
「自分ばかりを責め続けてお前を苦しめていたんだよな、ごめん」
と言いました。

そのまま
「何もかも失いたくない、離婚したくないんだ。」
って言うと嫁は泣き出しました。
泣きながら嫁は
「でもあの子がいなくなっちゃったのは私のせいだから」って言うと
だから離婚しなくちゃあなたに悪いの、と続けました。


135: 修羅場家の日常 2008/05/17(土) 22:44:45

俺は
「でも、死んだ子が自分のせいで
両親がこんな事になったって
知ったら可哀相だろ。
両親が苦しんでいる姿を見たい子供なんていないよ。」
と言うと、
嫁は
「そうだけど、でもあなたもあなたのお父さんも
私の事を責めるどころか慰めてばかりで。
それよりも私の事を責めてくれれば私も怒ることができたから
悲しみから一時的にも解放されたのに。」と言いました。

だって足を滑らせたのは
お前のせいじゃないからって俺が言うとでも私が不注意だったからって
言い返してきます。

「それに、あの後あなたとあなたのお父さんの
仲が悪くなったのだって私のせいじゃない。」
と嫁に言われて俺は驚きました。

あの時父に怒られて、俺と父は喧嘩をしました。
父の言うことは間違ってはいないのですが。
それから何となく父とは疎遠になったような気がします。
もともとそんなに連絡は取ってはいなかったのですが、
嫁は気付いていたんですね。

俺は必死でそれは違うと否定しても
嫁は中々聞いてくれませんでした。
「あのさ、さっきの話に戻すけど、
こんな母親の姿見たい子供がいると思う?」
と俺が言うと嫁は首を横に振りました。

「子供は自分がそこにいなくても
何時までも遠くで両親が幸せそうにしていて欲しいと
思うよ。」と言うと
「私、あなたと一緒に居てもいいの?」と聞いてきました。

もちろん俺は首を縦に振りました。
それからまた泣き出して本当は離婚はしたくなかったけど、
あの子が死んで
一年経って自分の子供を死なせた私は
ここにいていいのかなって思うようになったと
聞かせてくれました。


137: 修羅場家の日常 2008/05/17(土) 22:51:03

あなたは優しいけど、
私がそれにいつまでも甘えているのはあの子に悪いと
思っていたとも聞かせてくれました。

そんな感じの事を延々と話し続けていたら義母が帰ってきました。
そこで、「あらあなたたちどうしたの。」と笑って言いました。
俺もいつの間にか泣いていたようです。
泣いていた嫁の顔を見ているとお互い笑っちゃって。
とても楽になったような気がしました。

それからは死んだ子供のために
もどうするかを話してきました。

俺たち夫婦はカウンセリングを受けに行くということ。
でも、嫁は落ち着くまで実家で休むということを決めて
夕飯を義母が食べていきなさいというので夕飯を食べて帰宅しました。


139: 修羅場家の日常 2008/05/17(土) 22:53:59

すいません報告が長くなりました。
大体こんな感じの事を言ったと思いますが
こんなにいい事言えていないです。

とりあえず俺は月曜日にでもカウンセリングの予約をします。
ここからがスタートなんですよね。


142: 修羅場家の日常 2008/05/17(土) 22:54:33

ちゃんと話せて良かったな


145: 修羅場家の日常 2008/05/17(土) 22:58:45

>>139
まあ頑張らず気を抜いて、嫁との距離を確認しつつ、
また夫婦になればいいさ。
お互いの気持ちを再確認して再出発できるのだから、
よかったじゃないか。


146: 修羅場家の日常 2008/05/17(土) 22:58:48

1度どん底見てるんだから、あとは這い上がるだけだ。
2人で乗り越えられるよう祈ってるよ。


149: 修羅場家の日常 2008/05/17(土) 23:00:00

ひのきよ。
おまえはもう自分がどうするのがいいのか見えてきてるだろう?
それを信じて進め。
今後、また嫁が同じ様な堂々巡りの考えに取り付かれると思う。
苦しいだろうが、つきあってやれ。
話し合う時間を大事にしてさ。
うまくいくことを願うよ。


156: 修羅場家の日常 2008/05/17(土) 23:11:53

 >>149
そうですね、嫁の事を俺は支えていかないといけませんから。
確かにこの一年間嫁とも話す時間は減っていたように思います。


151: 修羅場家の日常 2008/05/17(土) 23:01:00

本当に良かったな。
ひのきはここがスタートだって理解してるし、
これから先も良い方向に進めるよ。
嫁さんと一緒に子供の分まで幸せになってくれ!


156: 修羅場家の日常 2008/05/17(土) 23:11:53

>>151
本当にありがとうございます。 


154: 修羅場家の日常 2008/05/17(土) 23:03:11

ひのき頑張れよ!
お前らが別れると、子供の帰ってくる場所が無くなるじゃねーか。
霊が本当にあるかは別として、お盆や気の向いた時とかに
いつでもふらっと帰ってこれるような、温かい家庭を作ってくれ!
供養しっかりしてやれよー
そして、お前たちも幸せになれ!


162: 修羅場家の日常 2008/05/18(日) 00:08:13

>>154 
子供の居場所、ですか。 
今日俺が実家から帰るとき
嫁が編み掛けの帽子だとか
靴下だとかを見せてくれました。 

妊娠してからちょくちょく実家に帰っては
義母に編み物を教えてもらいつつ 
子供のために色々作っていたそうです。 

だけど、あの日以来
見るのも嫌になってしまってやめたけどこれを完成させるって 
言っていました。 
あの子も自分の物があれば喜んでくれるだろうからって。 

こんな感じに俺も子供の居場所を作ってあげたいです。 


144: 修羅場家の日常 2008/05/17(土) 22:55:49

おつかれさん
嫁とひのきはもちろんだけど
親父さんとの関係も元に戻るといいな


156: 修羅場家の日常 2008/05/17(土) 23:11:53

とりあえず逃げられは回避したので
今後何かあったら 
報告したいのですが、
どこがいいですか? 

それと、やはり>>144の方の言うとおり父との関係も修復しないと 
嫁を心配させてしまうので明日今回の事を電話で伝えたいと思います。 


157: 修羅場家の日常 2008/05/17(土) 23:14:04

>>156
ここでも構わないけど報告寺というのもあるよ。


159: 修羅場家の日常 2008/05/17(土) 23:23:40

父親と母親が幸せじゃないと
子供は幸せになれないんだよな…


162: 修羅場家の日常 2008/05/18(日) 00:08:13

>>159 
すいません。俺の言い方だと片親の家庭の方に配慮が足りなかったように 
思いました。 


160: 修羅場家の日常 2008/05/17(土) 23:41:40

ひのき、良い方向に進んだようで何よりだ。
そうだよ。
お前たち夫婦がこじれて別れることにでもなったら、子供が浮かばれない。
いつでも戻れる場所を作ってやることも親としての愛だ。とはいえ、嫁もお前も
まだつらい時期なんだし、焦ることなく時間の経過に任せておけばいい。
カウンセリングを受けて、少しでも気持ちが晴れていけばいいな。

そんな俺も、二年前に一歳半の長女を突然死という形で亡くした。
嫁はまだ立ち直っていないが、何とか支え合って生きている。夫婦ってのはそう
いうものだ。縁あって繋がっている相手だからこそ、誰よりも大事にしなきゃ
いけないと思っている。

ひのき、頑張れよ。


162: 修羅場家の日常 2008/05/18(日) 00:08:13

 >>160 
お互い頑張りましょう。


161: 修羅場家の日常 2008/05/17(土) 23:50:26

ひのきと嫁さんが幸せになれるよう祈っている。


162: 修羅場家の日常 2008/05/18(日) 00:08:13

>>161
ありがとうございます。

では今後何かあった場合の報告は報告寺でします。
ここだと相談者の方に迷惑がかかってしまいますので。



-------------------------


389: 修羅場家の日常 2008/05/18(日) 13:47:11

こんにちは。
一昨日と昨日、逃げられ寺でお世話になった者です。
皆さんのアドバイスのおかげで逃げられを回避することが出来ました。

で、さっきまで父と電話をしていたのですが、
何とか関係の修復は出来たと思います。
本当にありがとうございました。


390: 修羅場家の日常 2008/05/18(日) 14:04:33

ひのき、待ってたぞ。 良かったじゃないか。
嫁に続いて、疎遠になっていた父親とも
関係修復が叶ったんだな。これで
何の不安もなくなったじゃないか。

これからは嫁を大切にして生きていけ。
それが二人にとっても、亡くした
子供にとっても一番のことだ。

恵まれ過ぎて困るぐらい幸せになれよ、コンチクショー。


391: 修羅場家の日常 2008/05/18(日) 14:04:59

よかったなぁひのきよ。
おまいら夫婦は不幸になる理由がないんだ。
なかよくくやれよー。


392: 修羅場家の日常 2008/05/18(日) 14:17:41

ありがとうございます。

父にこの事を話したら、
時間はかかるけど頑張れと言ってくれました。
その後、あの時はお前だって辛いのに
あんなことを言って悪かったと
謝られました。

父が俺にあんな事を言ったのは
死んだ母の事が原因だったようです。

母が病気で入院して死ぬまで
父は仕事が忙しくてあまり病院に行けず
そのまま死んでしまって
満足に支えることが出来なかったのが父にとって
罪の意識を感じさせていたようです。
だから、つい俺にあんな事を言ってしまったと。

本当だったら後5年で30にもなるいい大人に
口出しをする権利は無かったのに
本当に悪かったと言っていました。

俺もあの時は感情に押し流されて悪かったと謝りました。
だから俺はこれから嫁を一生懸命支えていきます。


396: 修羅場家の日常 2008/05/19(月) 00:55:50

ひのきは親父さんに似たんだな。


394: 修羅場家の日常 2008/05/18(日) 14:53:57

>>392
医者には行ったか?
欝を患ってるやつは、
自分が欝だと気づいてないやつが多いからな。
とりあえず嫁が欝でないことを確認する意味でも
医者には行っとけ


454: 修羅場家の日常 2008/05/20(火) 21:30:06

こんばんは。
今日、俺一人で病院
(と言っても職場の中の精神科ですが)
に行って来ました。

俺は、鬱ではないそうです。
だけど安心はできないと思います。
気持ち一つで今の心の状態は変化してしまうのですから。

子供のためにも頑張りたいと思っていますが、
職場の同僚からあまり気張りすぎるなよ、と
忠告されました。

まだ、完全な罪悪感から抜け出す事は出来ないですが、
今俺が出来ることから
頑張っていきたいです。 


455: 修羅場家の日常 2008/05/20(火) 21:36:05

や、おまえさんなら大丈夫だと思うがなぁ。
なにはともあれお疲れ!
これからまた新しい幸せを築いていってくれ。
嫁と一緒にな。


458: 修羅場家の日常 2008/05/21(水) 09:51:13

ひのき乙。
時間はかかるけど、いつか乗り越えられるよ。
嫁を大事にな!


460: 修羅場家の日常 2008/05/22(木) 00:09:11

ちゃんと産まれなかった子供は、元いたところへ「帰る」んだそうだよ。
本当かどうか知らないが、だとしたら、次はひのき達の所か、
でなかったら他の夫婦の所に生まれてくるんだろうと思う。

いずれにしろ、いつかまた、こっちの世界へ来てくれるよ。


461: 修羅場家の日常 2008/05/22(木) 00:18:50

その発想は危険らしいぞ。
次に産まれる子が知ったら、
「自分じゃなくその子が欲しかったから産んだんだ」
「所詮その子の身代わりなんだ」
って思い込む可能性が高い。


462: 修羅場家の日常 2008/05/22(木) 00:43:42

またお腹に戻ってくるんではなくて、
輪廻転生という仏教的な考えだと思われ


464: 修羅場家の日常 2008/05/22(木) 04:13:16

子どもを失った傷が癒えることはないと思う。
つか、無理して「消そう」「立ち直ろう」とする必要はない。
悲しいときは我慢せず、悲しみに浸るほうがいいよ。
それはきっと、ひのき夫婦の絆になってくれるはずだから。

俺の嫁も流産・死産を経験し、
3人目の子を長子として産んだ。

俺と嫁が「生きられなかった2人」
を忘れることはない。
だけど「できるだけ笑って生きていこう」
って決めたんだ。

で、毎日ちょっとずつちょっとずつ、
涙より笑顔を増やしていった。
今は笑顔のほうが多いと思う。

それでもやっぱり泣きたくなることもあるんだ。
特に嫁がな。
そんなときは我慢しないで泣かせてやる。
俺も一緒に泣く。

「いい加減にしろ」とは絶対言わない。
そんでまた笑顔になる。
悲しい涙は亡くした2人の子の分。
でも、笑顔と嬉しい涙は、
俺と嫁と娘+亡くした2人の5人分だ。

ひのきにひとつ頼みたい。
嫁に「お前は悪くない。俺も悪くない。誰も悪くないんだ」って
言い続けてやれ。辛くても言い続けてほしい。

なぜならそれは本当のことだから。信じることから始めてみろよ。
長々と自分語りスマソ。


607: 修羅場家の日常 2008/05/26(月) 20:55:05

少しだけですが、報告します。
嫁が今週末、帰ってきてくれるそうです。
ここに書き込むほどの事ではないかもしれないけど、
とにかく嬉しかったので書き込ませてください。


609: 修羅場家の日常 2008/05/26(月) 21:00:01

ひのきよかったな。
苦しいこともまだまだあるだろうけど、
(TVや現実の赤ん坊を見ると辛いとか)
お互いが同じ痛みを持ってるとわかり合えたことが、
夫婦にとっての何よりの一歩だと思う。


612: 修羅場家の日常 2008/05/26(月) 21:53:48

>>609
そうですね、やっぱり子供を見るとどうしても自分を責めずには
いられませんでした。

ですが、この前の土曜日、職場の同僚が運動して気分転換しようって誘ってくれたんで
プールに行ってきたんです。

そしたら、小さい子供に泳ぎを教えている父親とか母親が何人かいて、
ああ、俺も子供が死んでいなかったらこういうことをしてやれたのかなって思い
辛く感じはしましたが、

一方で今度もし自分に子供ができたら死んだ子供の分も
こういうことをしてやれるだろうかって思うと微かですが
希望も感じられるようになりました。

今までは子供を見てもこんな事感じなかったのに、自分の気持ちが少し変化したのが
驚きです。

俺が少しでも前向きになれたのはここの皆さんのお陰だと思います。
もし逃げられ寺で相談していなかったら離婚に至っていたかもしれないし。
本当にありがとうございます。


616: 修羅場家の日常 2008/05/26(月) 22:25:01

くれぐれも急ぎすぎるなよ。
忘れられなくって当然なんだから。
夫婦としての絆は強くなったかもしれんがな。
逆境にあるときに思い遣りあえる、
素晴らしい夫婦なんだからな。
自分も見習うよ ノ


617: 修羅場家の日常 2008/05/26(月) 22:28:33

そうそ、忘れなくていいんだよ。覚えててな。
次に生まれてくるかもしれないその子に兄弟がいたこと、
ちゃんと教えてやった上で、二人分愛してやればいいさ。
ほんと幸せになってくれな。


610: 修羅場家の日常 2008/05/26(月) 21:34:42

なんかひのきだと
多分このまま乗り越えて子供もまた出来て
そんで家族でずっと幸せに暮らしましたって
結末しか連想できないからレスのしがいがないぜ!!

これからも辛い事はあるだろうが、どうかお幸せに。



---------------------------


485: 修羅場家の日常 2008/06/04(水) 00:27:21

久しぶりです。
嫁が寝ているので報告に来ました。


486: 修羅場家の日常 2008/06/04(水) 00:28:52

>>485
お、ひさしぶり。
うまくやってるか?


488: 修羅場家の日常 2008/06/04(水) 00:33:22

>>486
はい。今のところは。

嫁を日曜日に迎えに行ってきました。
元気そうで何よりですが、二人でカウンセリングに行っています。
笑顔でいるからって大丈夫だって判断は出来ませんから。
それでも普通に生活しています。嫁が戻ってきてくれて嬉しいです。

嫁が、子供のために編んでいた帽子と靴下を完成させました。
子供が少しの間だけどいてくれたんだなって思えてとてもほっとします。

それで、相談があるんですが、いいですか?


491: 修羅場家の日常 2008/06/04(水) 00:37:10

ひのき、大分落ち着いてきたみたいで良かったな。
とりあえず書いてみてくれ。


494: 修羅場家の日常 2008/06/04(水) 00:39:44

えっと・・・大したことじゃないんですが、
子供の予定日が決まったときに
そこから早まったり遅れたりする可能性だってあるのに、
俺ははっちゃけちゃって
子供の予定日の月の誕生石のベビーリングを買って来て、
産まれたら渡そうと
思っていたんですね。

で、それを嫁に渡すべきなのかどうなのか悩んでいるんです。
渡さないほうがいいような気はするんですが・・・


495: 修羅場家の日常 2008/06/04(水) 00:41:21

う~ん。どちらでも良いような気がするな。
前の状態だったらやめとけと言いたいけど
一緒に靴下とか完成させたんだろ。
そしたら位牌とかあれば
それと一緒に置いといてやるってのもアリだとは思う。


496: 修羅場家の日常 2008/06/04(水) 00:42:32

嫁がもう少し落ち着いてから話して
嫁が編んだ帽子や靴下と一緒にしとくってのはどだ?

タイミングは今かかってるカウンセリングと相談の上で。


497: 修羅場家の日常 2008/06/04(水) 00:44:31

>>495>>496
ありがとうございます。
これは慎重に考えるべきですね。
今はやめておきます。
カウンセラーさんに聞いてみますね。


498: 修羅場家の日常 2008/06/04(水) 00:48:02

そうだな。
簡単に解決してしまったな。www

ときどきここにも顔を出しておくれよ。
ひのきが来るとすがすがしく
なるからさ。

困ったことがあったらいつでもおいで。


499: 修羅場家の日常 2008/06/04(水) 00:50:24

>>498
大したことじゃなくてすいませんww
何かあったらお言葉に甘えてまた来ます。
こんな時間に失礼しました。
おやすみなさい。


503: 修羅場家の日常 2008/06/04(水) 01:39:14

俺、ひのきが来たときに書いたとある気団なんだが
うちも流産から嫁が鬱になって、寛解まで6年かかったのね。
薬も4種類くらいを最大量飲んでて、中等度の重いくらいだったんだけど。

で、もう結論はでちゃってるけど
リングはカウンセラーに聞いて、
許可がでれば渡せばいいと思うよ。

俺の嫁は、乗り越えて忘れていく自分が
つらいって言ってたし、
寛解してから子の話をしてるときに、
俺がうっかり「俺もつらかった」って言っちゃったんだが
それを聞いて、語弊があるかもしれないけど
嬉しいって言ったんだ。
同じように子のことを
気にかけてくれていたんだと思ったって。

嫁にとっては、俺が嫁を心配するよりも、
子のことを忘れずにいてくれたことのほうが嬉しかったと。
治療中は、色んなことに現実味がなかったみたいで、
俺の言葉も記憶から抜けてたし。

もちろんひのきの嫁もそうだとは言わないけどね。
うちの嫁も、ひのきの書き込み見ながら涙目になってるよ。
ゆっくり、二人で乗り越えていってほしい。


500: 修羅場家の日常 2008/06/04(水) 00:52:27

俺だったら渡さない。
靴下とかは嫁が自分で始めた事だから
自分の中でケリつけられたと思うが、
リングはオマエが買ってオマエしか知らないのなら、
嫁に更に「課題」を与えるのは避けた方が良い。

黙って会社の引き出しにでも入れて
20年位して話するか墓まで持って行くのがいいと思う。


505: 修羅場家の日常 2008/06/04(水) 02:22:30

う~ん、もう少し夫婦の絆が
深まってからのほうがいいんじゃないか?
嫁が自分とひのきとの気持ちは
同じだと実感できるようになってからじゃないと
またひのきへの申し訳なさ一杯になるんじゃねーか?

ひのき夫婦はお互いを思い過ぎて自分を苦しめてるからな
焦らないほうがいいとも思うぞ


506: 修羅場家の日常 2008/06/04(水) 02:31:33

つうか、なんで渡そうと思うのか、わからん。
必要ないのに危険な要素はらんだ行為は避けるよ自分なら。
へタレだからね。


507: 修羅場家の日常 2008/06/04(水) 08:41:35

>>506
それは人によるんじゃ無いかな?
心なんて表し方は様々だし、受取り方も様々だ
誕生石に込められた思いを奥さんがどう考えるかもわからない


508: 修羅場家の日常 2008/06/04(水) 08:44:58

嫁さんが靴下とかを編み上げた理由に近いのかもね
誰かも言ってたけど、ひのきだって辛いんだ
今は渡すのは時期尚早だと思うけど


510: 修羅場家の日常 2008/06/05(木) 08:54:58

ひのきが持ってて嫁に聞かれたら
答えて欲しがったらあげるでいいと思うんだが。


511: 修羅場家の日常 2008/06/05(木) 14:41:54

ひのきの心の傷を癒すために
指輪を供養するってのはわかるし賛成だけど、
「嫁に渡す」かどうかで迷っているってのがなんかな。

それってなんつうか、
自分の傷を嫁に確認させるというか共有して貰うというか、
要するに嫁に対してのアピールだよな。
嫁はそんなキャパないだろ、まだ。


513: 修羅場家の日常 2008/06/05(木) 17:24:45

もともとひのきは
「渡さないほうが良いような気もする」とも言っている訳だが。
今の嫁には重荷になるからもう少し落ち着くまで様子見た方とは思うが
「嫁と同じように産まれてくる子供を楽しみにしていた」
「その思いを嫁と共有したい」
と思う位は許してやれよ。

今の所ここでしか吐き出せない思いな訳だし。


516: 修羅場家の日常 2008/06/05(木) 18:07:30

分かってほしいというのも分からなくもないが、
それを伝えられて加害者としての自分
(ひのきの子を流産して
しまった自分という意味な)を
いまの嫁さんが意識しなくて済むとは思えないから、
「もうちょっと様子見して待ってろ」という意見が多いのでは?


501: 修羅場家の日常 2008/06/04(水) 00:55:54

まぁカウンセリングの経過で
渡す渡さないを判断すればよくね。

まあ、その過程でまだまだですねって言われたら
それで良い気がする。